個人情報や企業秘密情報などの漏洩対策に、暗号化ソフトを使うのは企業では当たり前になってきています。
ファイルにパスワードを付けて漏洩防止に努めていると安心していてはダメです。
パスワードや暗号などは、人間が思いつく文字列を並べているだけだったり、そのパスワードがファイルと一緒に漏れてしまったら、などと管理が面倒なのは言うまでもありません。
私が「FinalCode」という暗号化ソフトを気に入っているのは、パスワードレス、いわゆるパスワードいらずと言うのが一番の理由です。
では、パスワードが要らないというのはどういう意味なのか。
それは、作成した人が指定・許可した人のみしかそのファイルを開けないという運用方法です。
ファイルの送り先の相手を指定し、制限を選ぶと暗号化されるため、勝手に共有したり、無断で転送したりはできません。
また、アクセスログでファイルの操作履歴などを確認して一元管理できます。
クラウドサービスなので、サーバーは必要ないので導入に難しい設定やややこしい操作はありません。
ダウンロードしてパソコンにインストールするだけです。
何かあった場合には、ファイルを遠隔で操作(削除)できます。
暗号化するユーザーのみが有償で、閲覧先が閲覧するのみは無料なのです。
これからの理想の暗号化ソフトが「FinalCode」なのです。