ビットコインなる通貨があるということが知られてきたのは、ごく最近のことです。
日本においては、取引所において不正があり、何億、何十億という額に換算されるコインが不正に取り扱われていたというニュースで知った人も多いでしょう。
そのため、どのようなものなのかを理解する前から、ネガティブなイメージが出来上がってしまったといえます。
とはいうものの、世界に目を向けてみると、世情が不安定な地域だけでなくてきちんと機能を果たしている国においても、自国の通貨ではなくあえてビットコインによる支払い方法を選択している人が大勢いるという事実があります。
中には学費の支払いを行う人も大勢いるといわれているほど、一般にも流通する支払い方法の一つになっているくらいです。
その名称から、実際に世の中に流通している紙幣や通貨のようなお金を連想しがちですが、手に取れる実物のお金があるわけではなく、電子マネーのようにして使われるのがビットコインの特徴です。
いわゆる口座間取引のようにして支払いを行いますので、確かに学費を払うといった支払いには適していると考えられます。
ネガティブなイメージから始まった新しい通貨だからこそ、日本ではその仕組みと使い方をしっかり理解することで便利になりそうな気がします。