結婚をし、いざ子どもが欲しいと思ったときに、実は子どもができない体質であったという話があります。
そこで前向きに不妊治療に取り組んでも、どうしても無理だということも残念ながらあるのです。
しかし、それでもどうしても子どもが欲しいという方は、他の方から卵子や精子を貰って受精をさせるという手段があります。
実は今、このような卵子提供を選ぶ夫婦が増えているのです。
最先端の治療はもちろん、不妊で悩んでいる夫婦の立場に立ち温かいサポートとサービスを提供してくれます。
ドナー側の方のプロフィールを見てから、プログラムを受けるかどうかの決定ができるので、ゆっくり考えることも勿論できます。
日本人卵子ドナー機関と契約し、男女の産み分けもできるのです。
最先端の診断技術なので、着床の成功率は高く、海外での手術時には日本語のサポートも勿論対応しています。
また、専任のコーディネーターが365日24時間サポートしてくれるので、いつでも安心して相談が可能です。
卵子提供をすることによって、一組でも多くの夫婦を幸せにすることができる、素晴らしい技術であると言えます。
新しい命を提供するという責任感を持って、悩んでいる夫婦を全力でサポートしてくれるのです。