私が所属している事務所にいる渡邊修也は、手先が器用であることに定評があります。
細かい細工物や、編み物などにもチャレンジしており、簡単なものなら、ちゃっちゃと作り上げてしまいます。
どこでそんな技術を学んだのか依然聞いてみたのですが、なんと独学だそうです。
そんな渡邊修也は、本人曰くいざと言うときのために、裁縫セットを常に携帯しております。
まさに修繕が趣味になっている状態で、好きこそものの上手なれという言葉が当てはまるような人なのだなと思いました。