私は幼い頃から甘い物に目がなかったせいなのか、しょっちゅう歯医者さんにお世話になりっぱなしでした。
そして成人になった今では、銀色の詰め物が目立つ様になっていました。
これが男性であれば、特に気にする事でも無いのでしょうが、女性である私にとってはコンプレックスになっていたのです。
例えば、この人とお付き合いが出来たらどんなに良いかという、意中の男性が目の前に表れても、会釈をするのが精一杯でした。
私は半ば諦め気分でいた所、親友に悩みを打ち明けると、それならセレックシステムを導入している通い付けの所があるというのです。
彼女も私に負けず劣らず、甘党であったせいなのかも知れませんが、セレックを利用した治療の成果なのか、会話をしている間でも銀色の詰め物らしき物は見た事がありません。
私は早速、紹介して貰った歯科医を訪ね診察室に行くと、見た事も無い装置が置かれていたので、これがセレックという代物なのだろうか等と、しばし見とれていました。
診察が始まるとドクターにこれまでの自分のコンプレックスを話すと、ドクターは頷きながら、どの様にして自然な白い歯を実現させるのかについて、事細かに説明してくれたのです。
後日私は再び来院し施術が開始されてから短時間というのに、私の望みは叶いました。
次回からはここでお世話になる事に決めたという事は、言うまでも無いでしょう。

clickして参考サイトへ