ウォーターサーバーを使って水素水を飲むことは体によいことです。
しかし、飲み方に注意しないと不利益を被ることもあります。
例えば、ウォーターサーバーから供給される水が安全で綺麗なのは、サーバーが綺麗な状態に管理されていることが前提です。
もし、カードリッジの交換がなされていないなどサーバーの管理状態が悪ければ、安全で綺麗な水を飲むことができません。
したがって飲み方を考える際には、サーバーの管理状態にも注意を払うことが大切です。
加えて、水を飲み過ぎることにも注意しなければなりません。
どれだけ質の良い水であっても、胃腸に負担をかけるような飲み方をすれば体に良くありません。
具体的には、食事中や食後にサーバーの水を飲む場合は、食物の消化を妨げないように適量を飲むことです。
食事中や食後にたくさんの水を飲んでしまうと、胃酸を薄めてしまい、食べ物の十分な消化が進まなくなる可能性があるからです。
目安は一概にいえませんが、一般に1日2リットル程度が適量であるといわれています。
こうした適量を注意すること、またふさわしいタイミングで飲むことも、賢い方法であるといえます。
ただし食事中や食後に水を飲むことが悪いわけではないので、その点は安心して構いません。