結婚したくて婚活をしているのになかなかピンとくる人がいない、理想の男性と出会えないと結婚のチャンスに恵まれない女性は少なくありません。
また、今は仕事が一番、独身を謳歌したいと結婚とは無関係と思われている方もいるでしょう。
ですが、人の人生はどうなるか本人にすら分かりません。
もう年齢的に結婚は無理と思われたときに、運命の人と縁が芽生えることもあります。
30歳までに、35歳までに、40歳までにと目標を立てたのに理想のパートナーと出会えなかった方が40代になってから電撃婚をするケースもあるのです。
もっとも、その時点で気になるのが妊娠ができるかということです。
卵子は30代に入ると次第に老化していき、35歳から老化が加速し、38歳になるとそのスピードがより速くなって一気に妊娠力が落ちると言われています。
老化する前に元気な卵子を凍結しておくことで、将来の不妊治療に安心の保証を付けることが可能となります。
年齢を重ねて自然な妊娠が難しくなった時でも、卵子凍結した卵子を用いることでご自身の卵子で妊娠できる可能性が保存でき、いつ結婚できるか分からない、でも子供は欲しいと考えている女性にとっては大きなメリットと安心が生まれます。