私は正社員としてメーカーへ5年程勤務したのち
派遣社員として、何カ所かお仕事へ行かせてもらい
いろいろな経験をさせてもらってきました。
研修もいろいろ受けてきたけれど、人材育成とは
学校の勉強とは違い、「仕事」として、会社や組織
の中で上手く立ち回り、外とのやりとりが上手くできるか、
さまざまな能力を育まなくてはいけないことだと思います。
マナー研修に始まり、レポート力やプレゼン力、
すべてにおいて優れた能力を育てるには大変なことだけど
個人の能力がやはり会社の能力になるのだと思います。
適材適所とはよく言ったもので、個人の得手不得手を
会社が見抜き、個人にあった箇所への人事や仕事の割り振りも
重要になってくるのではと思います。
詳しくはこちら