入学、卒業、就職、結婚等、祝電を送る事が出来るシチュエーションは多いです。
特に、友人等が結婚する際は祝電を送る機会が多くなるでしょう。
結婚式や披露宴に出席できた場合はお祝いの気持ちを新郎新婦にダイレクトに伝える事が出来ますが、都合で出席出来ないという場合は祝電を送るようにすると良いでしょう。
祝電は、式や披露宴が始まるまでに届くよう手配する必要があります。
式の日時を間違えない事は当然ですが、会場の名前と住所も間違いないようにしましょう。
そして、祝電の文面についてですが、相応しくない禁句を含まないよう言葉をしっかり選んで文章を考えるようにしましょう。
電報のデザインですが、電報サービスの増加により様々な種類があるので、結婚式に相応しく尚且つ送る相手の好みに合う物を選ぶようにしましょう。