視力回復の方法には、主にトレーニングをする方法とレーシックを受ける方法の二種類があります。
回復トレーニングでは、毎日一定期間トレーニングを行い、視力回復を試みます。
レーシックは、レーザーで角膜を焼くことによって視力を調整します。
どちらの方法にもメリットとデメリットが存在します。
回復トレーニングのメリットは手術に頼らなくても視力回復ができることですが、年齢が高くなるとトレーニングの効果が薄れる、毎日一定時間を割かれるので面倒、というデメリットがあります。
レーシックは、年齢が高い人でも手軽に視力回復ができることが利点ですが、まれに失敗するリスクがあるのが欠点です。
オルソケラトロジーは、これらとは違った特徴を持つ第三の視力回復法です。
この方法では、屈折異常を矯正する特殊なコンタクトレンズを装着することで視力回復をはかります。
このコンタクトレンズは就寝中に装着することで、目に入ってきた映像が正しい網膜の位置で結ばれるように角膜の形を矯正することが可能です。
角膜は新陳代謝が活発でかつ柔軟性に富んでいますので、コンタクトレンズを一定期間以上装着しますと、屈折力を矯正された角膜の形を維持できるようになります。
これが、オルソケラトロジーが有効な視力回復法である理由です。
オルソケラトロジーは手術を必要としないため、失敗のリスクが少ないのがメリットです。