大黒柱であった旦那様が亡くなると、色々な手続きが生まれます。
お葬式の手配や親族への連絡など目の前に仕事が山積してしまうので、非常に大変です。
そして特に面倒なのが、いわゆる相続に関する作業です。
お葬式や親族への手配という作業は、素人判断でも問題なく進められますが、土地や株券、各種の権利証といったモノは、勝手に分与や処分出来ません。
お葬式の設定や連絡などは、近年全て専門業者に委託出来るサービスがあり、事前に着々と準備できるので、実際にはそれ程、大変ではありません。
しかし土地や各種権利の相続ばかりは、なかなか身内だけでは進められず、勝手に親族だけで土地や建物を分与してしまうと、後々書類や税金といった問題が発生してくれる恐れがあります。
面倒ではありますが、遺産分割、相続の作業には、キチンとした弁護士に立ち会ってもらったほうが良いでしょう。
今では格安の料金で、弁護士のサポートを受けられるサービスがあり、生前分与や土地の処分を巡るトラブルを、前もって防ぐことが出来ます。
親戚一同が出席するお葬式の後、少し時間を取り、弁護士や税理士の立ち会いのもと、土地や建物の分与に着手しましょう。
今では地方でも身近なところに、法律事務所が設けられています。