程度の差はあっても、女性なら誰でもPMS・月経前症候群の症状に悩んだことがあるでしょう。
症状の現れ方も人それぞれで、イライラや憂鬱、集中力がなくなるといったメンタル面に主に症状が出る人や下腹部痛や冷え、頭痛、腰痛などの身体的な症状に苦しむ人がいます。
月経前症候群の症状がひどくなってしまう要因は複雑に絡み合っていますが、主な要因は、女性ホルモンのバランスが普段と大きく変わることと体が冷えてしまっていることです。
生理は各種の女性ホルモンがそれぞれの働きをすることで規則正しく起きますので、生理が近づくとそのためのホルモンが多量に分泌されます。
このホルモンが変動するタイミングでPMSのいろいろな辛い症状が出てしまうことがあります。
また体が冷えている人では、体の末端まで血液が届きにくく手足が冷たく感じますが、子宮や卵巣を包み込んでいる骨盤の中の血流量も低下するので生殖器全体も冷えてしまいます。
生理は子宮が収縮して経血を体外に出すことで起こりますが、子宮周辺が冷えていると収縮時の痛みを感じやすくなるため冷えもPMSの症状を重くしてしまいます。
夏場などは冷たい飲み物がおいしいものですが、それを常温にして摂るだけでも冷え改善には効果的です。
また漢方を使った月経前症候群の解消術もおすすめです。
漢方では、体質に合わせた生薬のブレンドで全身の血のめぐりをよくしながら古い経血がスムースに排出できるように働きかけ、同時にホルモンのバランスも整ってきます。