私は中学時代から、一重まぶたに悩んでいました。
一重でも可愛い子なんかいくらでもいるのですが少なくとも私は、あまり可愛くなかったです。
さらに地味な顔とあいまって、まるで平安時代の女性のようで、あだ名は紫式部でした。
そんな私も、高校を卒業して、バイトでお金を貯めたので、ふとコンプレックスである一重まぶたを解消しようと思いました。
そのきっかけは、仲の良かった友達が美容整形をしてきたからです。
その子は、バストの大きさが悩みだったのですが、豊胸手術をしてとても満足いく結果だったと教えてくれたからです。
私の場合は、バストに関しては割と自信があったので、目の手術にしました。
切るタイプと切らないタイプでどっちにしょうかと悩んだのですが、最初の美容整形だったので、切らないタイプを選びました。
私が受けた術式は、二日間でほとんど腫れが目立たなくなるタイプで、ダウンタイムも気にならないので、周りの人に整形受けたと気づかれることもありませんでした。
まぁ私の場合は、美容整形受けたと知られても気にならないので、どっちでもその点は良かったのですが、気になる人もいるかもしれませんね。
手術が終わって、見た目に自信ができました。