交通事故は予期する事なく起こってしまうので、いざ起きた時には焦ってしまいます。
そしてその後どのように進めていけば良いか分からずに、相手の保険会社の言われた通りで終わってしまう可能性もあります。
しかし、その提示された金額というのは、自分達の事故に見合った金額なのかどうかは素人には分かりません。
慰謝料は普通どのくらいが妥当なのか悩んだら、まずは弁護士に相談を行いましょう。
実は自賠責基準と、任意で入っている保険の基準、そして裁判所での基準の3つでは異なります。
その金額も多少ではなく、大きく異なる場合もありますので一番高い金額で提示をしてくれる裁判所基準で見てもらうのが良いでしょう。
誰もが車を運転している人が加入しなければならない自賠責基準であれば、実は一番低い金額での解決となってしまいます。
それに比べて裁判所基準は一番高い金額になりますので、保険会社で始めに提示した金額よりも遥かに高い金額で慰謝料を請求する事ができます。
特に弁護士を選ぶ時にも、交通事故の事例に詳しい丸の内ソレイユ法律事務所のような会社を選ぶ事も大切です。
基本的には平日の営業時間内に相談を行うようになりますが、土日や祝日や夜間も応相談で話を聞きに行く事ができます。